ジムに行きたくなかったら堂々とさぼることが秘訣

今日も、やっぱり頑張った方がいいよね?

ここ数年、人生最後のダイエット中です。ジムをさぼるとか、続けていることを中断する、って案外抵抗があります。私が今やっているダイエットの基本は、我慢しない、無理しない、自分にウソつかない、ですから、やりたくない時はやらなくていいんです。というか、むしろやっちゃだめ♪

なんだけど、これがつい、、、。

「ジム、昨日まで三日連続頑張ったし、今日も行った方がいいよね、やっぱり。行きたくないけど、気分のらないけど、やっぱり行った方がいいよね!!!!????うん、絶対行くべきだわ、分かってる、でも行きたくない―!!!」

なんて苦悶してしまう。

やめとけーーー、行くのやめとけーーー。行きたくないのに行くのやめとけーーー。

と自分に言い聞かせて、今日はジムお休みしました。行きたい気持がじりじり盛り上がってきたら、また行こうと思います。っていうか、たぶん明日行く(もう行きたい)。

 

外見が2割減してきても、頑張らないこと!

以前は運動なんて続かないのが当然だったのに、この変わりよう。やっぱりダイエットには、制限や強制じゃなくて、自分を許して甘やかす、ことが大事。あぁ、この幸せな実感。

じつは体重はずっと計っていないのでわからないけれど、私の外見は明らかに2割減してきました。重さでじゃなくて、スタイルベースで。そして、自分で言うのもなんですが、言わないと伝わらないので正直に言いますが、顔めちゃ若返ったがな。肌つるんとしてきたがな。いろんなポイントが大人の階段逆走中。

最近は毎日見ちがえるように変化があって、もうこれ、驚きレベルで感動ものです。

やりたくないなら、やらない。絶対!

私がこのダイエットを思いついてから大事にしているのは、やりたくないうちは、絶対にやらない。食べたいものは食べる。です。食べたい物をひと口だけ食べてごまかすとかじゃなくて、食べたいだけ食べるんです。

それから、最近は喜々としてジムに通っておりますが、運動もしたくなるまで一切しない、と決めていました。1年ちょっと前にジムに入会して半年ほど週2,3回通い(その頃は運動したかった)、その後急に熱が冷めて4,5カ月行かずじまいでした。ジムに行っていない間は、考えられないほどまったく運動していなかったので、中医に行けば「もっと運動してね」と言われ、マッサージに行くと「運動不足の凝りです」と言われ、挙句の果てには運動不足がたたって脚に静脈が浮き出し、脚のイライラで夜目が覚めるようになったほどでした。

それでも私は「運動したほうがいいから」では絶対にやらない、と決めていました。そしてある日、行きつけのマッサージ店で「運動したほうがいいですよ」と言われたのがきっかけで、急にその翌日からジムに行きたくなったのです。「やりたくないことはやらなくていい」と自分に本当に分かってもらうために、私にはこれだけの時間が必要だった、ということです。

imag1712

好きなだけ食べて、体がすっきりしてきた

我慢したり頑張ったりしていた時には、ちょっとやる気をそぐようなことが起きるとすぐ、ダイエットは中止していました。食事制限も、運動も。そしてリバウンド。さらに痩せにくい体になるために、お金を、時間を無駄にしたものです。

今の私はダイエット開始以前と変わらず、外食して好きなもの食べて、お米も肉も食べて、デザートのケーキとか甘いものも食べて、アルコールも楽しんでいますが、それでも体がすっきりしてきて、体調も良くて別人のような毎日。体調がいいって、きれいになるって、めちゃくちゃ楽しい!!!昔何度も挑戦した食事制限とかでは、頑張っても太る一方だったのに、、、。

サプリやエステなどは一切利用していません。ただ、自分の体と心を知って、自分への信頼と絆を取り戻した結果です。

本当のダイエットには、「我慢」も「努力」も不要だったんですね。知ることこそが一番大事なこと。毎日鏡を見て驚くのって、なかなかいいわ。

 

 

美しく痩せたければ、

我慢しない、制限しない、頑張らない、自分に嘘をつかない

by 真坂かな

 

 

Related Entry

台湾の暮らし まえがき

朝の日の出とともに自然と目が覚める暮らし

台北で観光地より面白いバスと歩道体験

仕事と暮らしのバランス。台湾の楽園(台東)に引っ越します!

ただそこにとどまる、ぼんやり見つめる、深呼吸する、音をきく。...

台東の家探し。賃貸物件はホーンテッド・・・