ダイエットが成功しないのは、自分と戦うから

頑張っても痩せない

「ダイエットの一番の敵は、自分自身だ。だから、自分を律して頑張って我慢して、自分に打ち勝つことがダイエットを成功させる秘訣」という嘘がまかり通ってるなぁと思う

もともと精神力の強い人や、ある日いきなりランボーみたいな精神力にレベルアップした人にはそれができるのかもしれないけど、少なくとも私はへなちょこすぎて負け戦ばかりだった。じゃあ、私はいつか起きる奇跡をまたなくちゃいけないのか、、、と思ってたけど間違ってたのはやり方だった。

頑張ったり、我慢したり、自分を騙したりいていては、ダイエットは上手くいかない。自分を甘やかして、我慢せずに、自分の声を素直にきけるようになれば、ダイエットは成功するよ。今までの常識と違いすぎて混乱するかもしれないけれど、でも昔の私にそっと教えてあげたい。

imag1350

目をそらしていたから、知らなかっただけ

体はいつもメッセージを発している。忙しいふりをして目をそらし続けてきたけど、たくさんのことを教えてくれていた。私が知らなかったり、知らないふりしてただけ。ちょっと勉強するのが面倒だからって理由で、もっと簡単な方法があるって世間の情報ばかりを追いかけて。結局一番遠回りで意味ない方法ばっかり試してたなぁ。

不調を無視せず、向き合ってみたら思いがけない生活のほころびが見えてきた。自分が大好きだったものがじつは自分を傷つけていたってこともあったし、自分が大嫌いだったものにちゃんと意味があったことも分かった。ちょっとしたことで、同じものを食べても気持ちよくいられることも分かった。なんで疲れやすいか分かったからって、すぐ変われるような私じゃなかったけど、それでも時間をかけて変わっていった。

心はいつも伝えている。向き合うのが怖かったけど、面倒くさかったけど、でも本当はそれが一番近道だったんだなぁ。きれいになったら、もうダメな自分を言い訳できなくなるからわざと上手くいかないようにしてきたこと、根っこのところにある問題が暗すぎて怖いからダイエットという言葉で隠してきたこと、スタートするかわりに過去の粗探しばかりしていたこと。そういうのを全部教えてくれていた。向き合ってしまえば、それはそれは痛いけど、ぐっと胸がつまった後にはなぜか、爽やかな感じ。

 

とりあえずダイエットなんて、ありえない

ダイエットは半年ぐらい無理してがんばって、とりあえず体重を減らして、とりあえずウエスト周りをすっきりさせて、「あら、キレイになったんじゃない?」って言われるためのものだと思ってた。キレイになればいろんなことが上手く行き始めて、滞ってる人生も、どっか詰まったまんまの私の考えも、成功に手が届かないもどかしさも、全部解決するって思ってた。心のどっかで、ダイエット出来ないことだけが問題だって思ってた。キレイになれたら、体がすっきりしたら、あと五キロ痩せたら、そしたら全部上手くいくって思ってた。

ある意味それは本当だったけど、でもそれは、痩せたら手に入るものじゃなくて、ダイエットという体験を通して自分と向き合って、そして心地よく変わっていくからこそ、後からついてくるものでした。もし頑張ってダイエットしていたら、立ち止まってみて。

あなたの体は、なんて言っていますか?

Related Entry

PMSで胸がはって痛いときの私の対処法とその後

台湾で学んだ生理を改善する知恵と子宮の冷え

見落としがちだけど一番大切な、台湾人の美肌の3つの秘密。

唇がガサガサになった!原因を考える

台湾で漢方薬(中藥)を処方してもらうなら知っておきたい基本中...

しめつけるような偏頭痛は、体をゆるめて汗をかいて頭をもむ