台湾の週末はオーガニックマーケットが面白い!希望広場(希望廣場)で食べて買う!ランチも

台湾(台北)暮らしの週末の楽しみは、ファーマーズマーケット(農民市集)!!

他のおすすめ記事はこちら(最下部にもリンクはりますのでまだの方はあとで読んでくださいね!)

台湾のファーマーズマーケット。圓山の花博農民市集でオーガニック野菜を

私はオーガニックマーケット(有機マーケット)と呼んでいるけれど、実際は有機農家だけが出店している場所と、一部だけオーガニック農家が出店している場所があります。だから本当はファーマーズマーケットいうのが正解ですね。

さてさて、今回は私が普段から行っている台北駅近くのおススメの場所、希望広場(希望廣場)をご案内します。こちらは、オーガニック農家も一般農家もどちらも出店しています。

希望廣場(希望広場) 農夫市集

土曜日 10:00 ~ 19:00
日曜日10:00 ~ 18:00
住所:台北市林森北路和北平東路交叉口
サイト:http://www.ehope.org.tw/

台北の街中「希望広場」で土日開催のファーマーズマーケット

以前はもっととりあえず的な場所にあったこのファーマーズマーケットのですが、ある時急にやめてしまってがっかりしていたらじつは移転だと分かり、そこから再開する日を今か今かと楽しみにしていました。スタートしてみると場所もきれいになっていて、規模も大きくなって万歳!開始後すぐはショボショボだった出店数も、今では会場いっぱいの出店者で賑わっています。

希望広場の特徴は、食事コーナーの充実度!

希望広場のファーマーズマーケットは、青空マーケット。でもきちんと常設の屋根があるから、雨の日でも大丈夫です。

区画が2つに分れていて、販売ブースト飲食ブースが道を隔てて並んでいます。

私はここで週末のランチするのが結構好き。台湾の人と意味もなくギューギュー詰めに並んで食べる感じとか、外で食べてるのになんだかちっとも爽やかじゃなくて暑苦しい庶民的な感じも好きなんです。隣の人と話がはずんだりもします。

こんな大きな魚を揚げ煮にしていたり、焼いていたり、その時々でいろんなお店が出ています。この魚の店と鶏飯の店は今のところ毎回見かけている氣がします。

お店はタイミングで変わります。化学調味料を使っている店もありますが、基本的に材料もこだわったものが多く、他所で食べるよりはずっと安心して食べることができます。

7店舗ぐらいですが、各店がいろんなものを提供しているので迷ってしまうほどです。

まずはサッと全体を見て、各店で注文して、その場で料金を支払います。時間がかかる料理なら、どの席に座っているのか聞かれますので、席を指して示せば持ってきてくれます。

できれば先に席を確保して、それから料理を買いに行くほうがいいですよ。お昼時など混雑して、料理を持ったままウロウロするはめになります。机に何かちょっとしたものを置いておけば、人がいるという目印になりますが、くれぐれもカバンや財布などは置いたまま離れないように。二人いるなら交替で買いに行くのがおすすめ。

 

喉がかわいたら、季節の新鮮ジュースで一息。おすすめは・・・

季節ごとにさまざまな農家が、まさにその場で新鮮果物を絞ったりジューサーにかけたりしてフレッシュジュースを販売しています。会場を回っていて何か見つけたら、ちょっと一息。季節のパイナップルやドラゴンフルーツやマンゴーもいいけれど、私が大好きなのはサトウキビのしぼりたて汁。まさに今目の前で絞ったものを飲めるうれしさ!!ほんのり青臭くて甘くて爽やかで、喉の渇きにピッタリだし、テンションも上がります。

この日は春先のドラゴンフルーツも。冬は実の育ち方がゆっくりなので、時間をかけて大きい実になるのよ、なんて話を聞きながら。無農薬のは果物もやっぱり味が濃くて、嫌な味がしなくて本当に美味しいんです。でも今回のは味見は美味しかったのでひとつ買ったら、秋口のものより甘味が少なくていまいちでした。それぞれの果物にも、季節の味、というのがありますね。

見たことがない不思議な野菜もたくさん!

台湾は比較的日本とよく似た野菜が揃いますが、やはり特徴がある野菜もいろいろあります。料理方法を聞くとだいたい「炒めるか、スープにする」と言われます。そればっかりかい!とつっこみたくなりますが、見知らぬ野菜を買って新しい味に挑戦するのも楽しいもの。台湾在住者の方は是非、季節の野菜を買って試してみてください。

年中暑い南国だと思われがちな台湾ですが、実際には冬もあります。日本ほど寒くないけど、それなりにさむくなるし、冬には野菜もぐんと少なくなります。さらに、野菜の種類もまた果物と同じように季節に応じて変わります。日本とは全く違う時期にとれる野菜や果物があったり、原住民が食べる野草のようなワイルドな野菜が並んでいたり、思いがけない手作り調味料が買えたりしてワクワクするのもファーマーズマーケットならでは。ありそうでなかなか台湾で見かけない新鮮ハーブをたくさん売っている店が出ていることも。

そろそろパイナップルの季節がはじまりますね!

観光だと新鮮野菜は買わないだろうけど、季節の果物やこだわりのお土産品が見つかりますよ。ただ、予算は高めなのでバラマキには不向き。大事な人や自分のための大切なお買い物にどうぞ。農家さんから直接買えるから、作った人の顔が思い浮かぶ食材となって、一層大切にいただこうという氣持ちになれます。おすすめです!

希望廣場(希望広場) 農夫市集

土曜日 10:00 ~ 19:00
日曜日10:00 ~ 18:00
住所:台北市林森北路和北平東路交叉口
サイト:http://www.ehope.org.tw/

 

Related Entry

台湾の暮らし まえがき

仕事と暮らしのバランス。台湾の楽園(台東)に引っ越します!

ブティックで大根まんじゅうを食べる。そしてパグの絵

台湾の青い鳥。迪化街さんぽ

台湾に来てはじめて芽生えた、日本人という意識

秋の京都と恵文社とマドレーヌ