計画して準備したり、心配して用意したり、そういうことはもう必要ない

今、自分自身の王であることだけに心を注ぐこと。それ以外のお金、家などのことは、ついてくる。自分自身の王であること、それだけが私が今なすべきこと。

住むところについて、再び考えた

最近、住むところについてまた考える。
台北から台東に引っ越して2ヶ月考え続けた住まいのこと。やっと台東で家が見つかり、暮らし始めてみて、落ち着いたと思ったらまた次が氣になりはじめた。今の契約は半年。では、その後はどうするか?
この家は基本的に売りに出ている家で、買い手がついたら契約終了後引き渡すのはもちろんなんだけど、大家さん曰く、私達が住みたければ住んで欲しいとのこと。それなりに長い間売りに出ているけれど買い手がつかず、大家さんの家は台北で遠い。管理も大変な様子で、買い手がつくまできれい好きな日本人が暮らしてくれたらベストということらしい。ありがたいなぁ。
ただ、暮らしてみると不便も見えてくる。キッチンとシャワーとトイレが半外にある。別棟の離れにある、ということではなく、同じ屋根の下なんだけど、そちら側には本格的な壁がなく、木の板で囲われているけれど、半外。キッチン側にいたっては、囲いも下半分のみで、上部は木の板を持ち上げて棒を差し込んでとめて、という不思議なスタイル。アツいし虫がいるし、キャンプ中ならまだしも、私は日々外キッチンで料理はできないと知った。部屋にもなんとか小さなシンクがあり、冷蔵庫も中にあったので工夫しながら狭いところでカセットコンロで料理をしている。
台東でこんなに素敵な景色と雰囲気の家に住めて本当に幸運なのは重々承知の上で、だけど何年も長く住めるところではないよなぁ、と思う。
なにより、この二ヶ月で強く生きざまについて考えたから、今の家の足りないところも目につく。
では次は?場所はどこにしよう、どんな家がいいだろうか。そう数日考えていた。
ということを、今朝てらきちさんに相談したら、こう言われた。
「今は、家のこととか、場所とか、お金とか、そういうことは考えなくていいと思うよ。かなはずっと悩んできて、やっと自分自身の王様になるということを決めたんだから、王様として今すること、に集中していたらいいよ。そしたら、計画立てたりイメージしたりしなくても、どれもすでにそろってるってことが分かるようになるよ」

そうだった!!!私が、王として今何を選ぶかということだけが大事なこと。計画して準備したり、心配して用意したり、そういうことはもう必要ないんだった。

なので、ご飯作って、文章書いて、今日も海に行ってのんびりしよう。在り方がはっきるすると、生きるのがすごくシンプルになるもんだな。

Related Entry

目先のやりたいことから自分の真ん中をたどるプロセス

頑張ることじゃなく、強くなることじゃなく、やりたくないことを...

「台湾の暮らし」から「ズルい悟り方」にブログタイトルを変更し...

勇気がいるけれど、かっこ悪いことだと思うけど、だからこそやめ...

自分についてきたたくさんの嘘と、計画したり、頑張ったりしない...

面倒なことこそが、生きるをつくる大事なことなのかもしれない