冷え解消のコツは「温めること」じゃなく「冷やさないこと」

昔は、冷え解消は「生姜」「あたため」だと思っていた私だけれど、薬膳をはじめ体のことをあれこれ知るうちに勘違いだったことが分かってきた。

冷え解消のコツは、
×「温めること」じゃなく、
〇「冷やさないこと」

だということに気づいたときは、目からうろこだった。

そうか、冷やしながら暖めても、アクセル踏みながらブレーキかけてる状態じゃん。体にも悪影響しかないだろうということがその時はじめてわかった。

冷やさないようにすると、すぐ効果が出る。たとえば下痢が解消するとか、寝覚めがよくなるとか、そういうふうに。でも本当の効果は、じつは1年後、2年後にやってくるから面白い。時間がかかるだけあって、その時の効果は、絶大だ。

体の中が冷えると、内臓の機能が低下する。体の中は温かく保たれてこそ。冷えていると、各臓器の働きも落ちるだけじゃなく、体全体に栄養と酸素を運ぶ血管も硬くなり働きがにぶる。ということは、体を守るために温めようと、冷えた場所に脂肪がつく。冷えと体型が大きく影響しているのも、論理的にうなずける。

つまり、冷えていたら太るということ。

お腹を冷やすと、お腹周りがでっぷりする。たとえば男性で太鼓腹の人は、ビールや冷たいもの、甘いものが好きで、内臓が冷えている。そういう目で見てみると、自分の太い部分に生活習慣が見えてくる。

前回の記事「どうやったらヤセるか、じゃなくて、どうやったら流れがよくなるか」の続きになるけれど、太る理由は大きく3つ。

1、冷えている 2、固まっている(滞っている) 3、足りていない

今日は冷えについて考えてみたい。

うちの美母は、1年ほど前には下腹だけがポッコリ出て、小玉スイカをおなかに抱えたような体系だったけれど、すきっぱらビールや冷水をやめた効果が急にあらわれて、今ではお腹もぺったんこだ。冷たいものをやめるのは、すでに数年前から実践していたけれど、今になって急にその効果があらわれたんだろう。

冷え、というのは想像以上に体にダメージを与えている。じっくり見てみると、長年かけて作ってきた習慣が、体の不備にもろあらわれていて面白い。だから、悪習慣を手放せば、もちろん体は美しくなる。

私は、冷え解消を意識して、生理痛が治った。

生理痛は立派な病気だ。そんなに子宮や体内が不健康な状態で、元気でいられるわけがない。生理前にイライラしたり、ドカ食いするのも体内の不調のせい。ホルモン剤なんて飲んでも何も解決しないどころか、体内のバランスはさらに崩れる。生理痛を抑える痛み止めなんて、もってのほか。痛いということは、ふたをして隠すべきことじゃなくて、向き合って改善するべきところだから。そしてもちろん、根本的な問題を改善したら症状は治る。

不調や問題の原因を「ストレス」という一言で片づけるのが今の流行りのようで、冷えもストレスのせい、とよく聞く。間違いじゃないが、ストレスが体にそんなにも影響するのは、体の基礎が整っていないからだ。だいたい、体が整っていればストレスのたまらない性格になるし、自分のキャパを超えてストレスがたまりすぎるような場所、仕事、関係からは、取り返しがつかないダメージを受ける前に、自分からさっさと立ち去れるようになる。

そう、ストレスが体を壊すほどに影響を与えるのは、もともとの体が整っていないということ。冷えだけじゃなくて、さまざまな原因が考えられるけれど、結局は、付け焼刃の対処法で先送りにしていた問題を、そろそろ解決しなくてはいけないということ。

今日は冷えの話なので、私が冷え改善のために実践したことをメモしておく。

・乾杯ビールをやめる。(冷たいものを飲みたいなら、結構食べてから、飲む。つきだしレベルじゃなくて、腹5分目以上レベル。空腹には絶対に厳禁)

・生理中はビールや冷たいものは一切取らない(アイスとか、氷水も)

・普段から、水も常温か白湯を。ジュースはもともと飲まないけど、夏場の生絞りジュースも氷抜きで。

・野菜サラダや生野菜を極力食べない。とくに空腹時はさける。夏以外は果物も気をつける。刺身も空腹にいきなりは食べず、ほかの温かいものを先に。

簡単に言えば、冷たいものを控える、という当たり前のことだけど、これがやってみると大きな変化につながる。コツは、いきなり禁止せず、少しずつ習慣にしていくこと。体に悪影響だということをまず知って、たまに気をつけて減らしたりやめたりして、そのうちだんだんと体が整ってくると、欲しくなくなってきて、冷たいものとると本当にもろ体調が悪くなるのが分かる体になっていく。そうすると、無理しなくても我慢しなくても、欲しくなくなって習慣になる。

習慣になってみると、冷たいものを飲み食いし続けなくて本当に良かった、と思えるような効果が出てくる。これは、今すぐダイエットとか体調改善につながらないけれど、将来大きな実を結ぶことになる。

食から入って、あとは冷房にあたりすぎないとか、腹巻とか、足首・手首・首を冷やさないとか、布ナプキンとか、そういうことにつながっていくけれど、まずは手っ取り早い食改善。これをせずに、生姜パウダーとかヨモギとか半身浴とかに頼ってもダメ。

体を冷やさない、ということに気をつけるようになれば、すぐに変化が見えなくても、確実に体の準備が整いはじめる。

 

Related Entry

どうやったらヤセるか、じゃなくて、どうやったら流れがよくなる...

在り方から考える、選び方。自分の身体へ「尊重してるよ、大切に...

ダイエット失敗続きの私が見落としていた、目標設定の本当のコツ

ここ数日で、いきなり体がきれいになってきた話

我慢するから、ダイエットに失敗する。好きなだけ食べて大丈夫

体が準備できたことを知ってて、「女ひらきますか!」って言って...