何もしていなくても、何者でもなくても、人生は私を生かしてくれるだろう、という気がした

台風がきて、強い風がふいている。空はドラマチックに曇って動いている。雨が降ったり止んだりしていたけれど、15時を回った頃には、すっかり晴れて風だけが残った。

南側の庭に面した雨戸を開ける。水たまりが初夏の光をはじいて、古い桜の樹が大きく揺れていた。青空は明るく、綿を引き伸ばしたような不思議な質感の雲がはりついている。

湿気の抜けたすがすがしい風がふいて、樹樹の香りがして、景色の奥の方では借景の大木がさまざまに揺れていて、まるで森の中みたいだと思う。

てらきちさんが縁側を磨き、師匠(シーフー)が庭石の上で日向ぼっこをはじめた。私はそこにただ座って、てらきちさんの作業の邪魔をしている。

何もしていなくても、何者でもなくても、人生は私を生かしてくれるだろう、という気がした。生かしてもらえなかったとしたら、それでいい。何かであろうとしなくても、そのまんまで大丈夫なんだなぁ。

こちらもチェック!!

☆チャンネル登録うれしいです!
Youtube【小さな島での、古くて新しい火のある暮らし】保存食や旅のこと
https://www.youtube.com/c/masakanachannel

☆フォロー大歓迎!
Instagram【小さな島での日々の暮らしとキャンピングカーで旅withフレブル】
https://www.instagram.com/masakana_channel/

Related Entry

自家製「柿酢」のすごく簡単で具体的な作り方

自分についてきたたくさんの嘘と、計画したり、頑張ったりしない...

変え「なきゃいけない」ダメな私、なんてない。今ここにいる私が...

力抜いて、ゆるめて、回していこう

考えを肚におとす

頑張ることじゃなく、強くなることじゃなく、やりたくないことを...