淡路島の古民家物件売ります。大工が自分のために建てた緑たっぷりの日本建築

「家買いすぎたので、淡路島の家一軒売ります」

〜大工さんが自分のために建てた、魅力的すぎるスケルトン日本建築物件〜

何がすごいって、完成手前までできているこの面白さ!!

じつは、台湾から帰国後の家探しも2ヶ月になろうかというころ、ついにこのスケルトンの家を見つけました。すごく気に入った!!でもその後、ちょっとの時間差で今暮らしている家を見つけてしまったのです。

ということで、2ヶ月の家なき子から一転、家持ちすぎ子に。

淡路島のどの不動産でも、「移住者の方はほぼみなさんその条件で探しているので、古民家で見晴らしがいい、環境がいい家なんてないですよ。とくに淡路島には、ねぇ。」といわれ続けていたのに、いきなり2軒もフォーリンラブ。

ですからこの家は、今の家と同じく自分たちで暮らすために買った家なのですが、持ち家2軒はやっぱり多いので、どなたかご縁のある方にお譲りすることにしました。

お問い合わせはこちらのページからお願いします。
http://biyakuzen.com/contact
(新しいページが開きます)

現状の壁は、土壁の荒壁(しっかり乾くほど良いとされています)です。この上から漆喰や聚楽を塗って仕上げます。(最近は漆喰を自分で塗って家造りに参加して仕上げる人も多いですね)

シックハウスとか一切無縁の、気持ち安らぐ家です。

床の基礎や木目が美しい天井は完成していて、コストがかかる水周りの配管、電気配線等は、すでに完成しています。平屋ですが、まだ天井をはるまえのダイニングから見える屋根裏は、大きな梁が美しく、子供の秘密の隠れ家にぴったりの予感。宿やカフェにするにも、面白いポイントになりそうです。

↑ダイニングの上部。天井を張る前なので、屋根の梁がよく見えます。

↑南西の部屋。

↑ダイニングからキッチンを見たところ。手前左手の柱は、構造上とりはずしても大丈夫です。広いLDKになります。(壁がやけくそな感じに見えるのは、荒壁だから。荒壁の中は竹で組んだ竹小舞。しっかり乾燥していてよい感じです。)

あとは、トイレや浴槽やキッチンを選び、床や壁の仕上げを自分好みにできる、という夢のような家!!

間取りは3LDKにも、4DKにもできます。どの部屋からも緑が見えて、庭木がうまく目隠しになり、山の中の一軒家みたいに落ち着きます。風もよく通るし、日当たりも最高です。

↑廊下。左右ももちろん土壁です。

キッチンが明るくて気持ちいいのがものすごく気に入ったポイントのひとつ。写真を見ていただくと分かるように、きっちりとした良い造りです。キッチンとダイニングの日当たりが最高で、どの部屋からも庭や、裏山の借景の緑が美しいです。

↑北の庭のスモモの木と柿の木。奥は生垣。

↑西側の柿の木。

家をとりまく広い庭には、スモモの木2本、柿の木3本、金柑1本、夏みかん1本の果樹(どれもたっぷり実がなりました)と、生け垣やその他の木々に囲まれています。

庭に井戸もあります。

↑西側の壁は西日が差しこまないように壁になっています。家の中が明るく、静かでプライバシーが保てるようにとてもうまく庭や窓が配置されている家。

車もばっちり駐車可能だし、必要なければ土に戻して菜園にもできます。

・場所 南あわじ市賀集(南淡路病院まで徒歩5分。賀集小学校まで徒歩15分。高速インターまで車で13分。自転車でも生活できる、とても便利でありながら隣家の目が気にならない、緑いっぱいの静かな場所です。
・本瓦葺の日本建築
・敷地面積 約166坪
・建坪 約32坪
・駐車場あり(3台〜5台はかるくいけそう。菜園にもできそう)
・築年数 20年ぐらい(でも未完成)
・建てたのは昔ながらの本職の大工さん
・しかも大工さんが自分のために建てた家
・なのに、最高のバランスで未完成!
・金額 850万円

建てた大工さんは、この土地をご両親から相続し、自分のための家を建てていましたが、途中で他県の女性と大恋愛をし、家はそのままに、彼女の元へと行っちゃいました!もちろんそこで今も元気に暮らしていらっしゃいます。

室内にある道具や資材は、大工さんが置いていったままとなっています。必要ならば使っていただけます。

見学ご希望の方は、お気軽にご連絡ください。不動産は介しておりませんので、直接ご案内します。

家はご縁。京都時代から数えきれないほどの家を見て物件探しをしてきた私たちが見つけたこの家は、淡路で希少な暮らしやすい場所にある本格的な日本家屋。子供がいるご家族、新婚ご夫婦、年配ご夫婦、カフェや民宿をやりたい方、に最適かと思います。

 

お問い合わせはこちらのページからお願いします。
http://biyakuzen.com/contact
(新しいページが開きます)

Related Entry

記事はありませんでした