フレンチブルドッグの外耳炎。よもぎで耳洗浄して治す自然療法

シーフーがここのところまた耳が臭くて、耳垂れが出はじめた。軽井沢まで長時間ドライブに付き合ってくれたり、私たちがいくところにはどこまでも一緒なので、季節の変わり目というのもあり、疲れがたまったのだろう。

濃い茶色でべたっとした赤みそのような臭いがする耳垢が出ていて、でもこれは結構頻繁にあることなのでたいして気にしていなかった。数日おきに耳掃除していたぐらい。でもこの1週間ぐらい、耳垂れがでるようになってきた。とても臭いべったりした液体が、左耳から出てくる。

でもシーフー自身は食欲もあるし、足取りもしっかりしているので、あまり心配していなかったのだけれど、やはり耳垂れが出るし、今日は草を食べて吐いたり(吐きたいときは自分で選んだ草を一生懸命食べて吐く)、下痢もしていた。お腹もゴロゴロとなって、腸鳴している。

そして、よくよく見てみると、耳の奥から白い膿のような液体がにじみ出ていた。

これはいけない!!

まずは症状を考える

耳垂れ、臭い耳垢、かゆがる。どう調べても、症状は外耳炎だと思われる。その治療法はというと、動物病院では点耳液をさすとか、耳の中を洗浄液で洗うとか。しかも、点耳液が効かない場合、治療は長引くなんて書いてある。

炎症を起こすということは、体の機能が衰えているということ。

薬で炎症を抑えたら、他のところに問題が出る可能性もある。西洋医学では、痛みがあれば痛みを無くす、炎症があれば炎症を抑える。原因ではなく症状を取り除くのがゴール。

でも中医学では、痛みの原因を探って根本的な回復を目指す、これがゴール。根本的な問題が解決して、体が回復し、その結果、自然と痛みがなくなる。

本来、西洋医学は手術や緊急のケガのために活用し、中医学は慢性病や生活の質向上のために活用する学問だ。

膿が出ているということは、体が治そうと頑張っている証だし、熱も同じく。ならば、できるだけ無理のない形でシーフーの治癒力に力をかそう。

自然の力、よもぎで耳洗浄する方法

やっぱり、こういう時はよもぎ!

以前ドクダミも試してみたし、ドクダミは耳垂れによいという話もあるけれど、今回は、家の横に草刈りあとに生えてきた柔らかなよもぎがあるから、よもぎでのシーフーの耳洗浄を試してみたい。

フレブルよもぎの耳洗浄。外耳炎の自然療法

よもぎの効能

止血、かゆみ止め、消炎、抗菌、他にも多々あって、お風呂に入れてアトピーにも。

さっそく、よもぎを摘んでくる

よもぎは、11月のこの時期でも生えている。花が咲いてトウが立ったものではなく、草刈りの後しばらくして生えてきた若芽を探した。道から少し入ったあたりのよもぎの、芯のあたりの柔らかいものを摘む。摘んでるだけで気持ちいい。

摘んできたよもぎの加工方法

摘んできたよもぎは、まずはさっと水洗いする。水道水ではなく浄水で。水道水の塩素は、体にいいことなんてひとつもない。とくに、今回は耳洗浄に使うので、塩素がはいらないように気をつける。

フレブルよもぎの耳洗浄。外耳炎の自然療法

さっと水を切ったら、新鮮なうちにすり鉢とすりこ木でつぶす。(はじめにさっと洗っておけば、すぐ使わなくても半日ぐらいは新鮮なままおいておける)

はじめのうちは軽くすりこぎでたたきつぶしながら、まとまり始めたらすりつぶす。長くたたいていると、よもぎの水気が飛び散るので気をつける。

団子状になってしっかり繊維がつぶれたら、濃い緑色の汁が出てくる。

フレブルよもぎの耳洗浄。外耳炎の自然療法

よもぎ汁での耳洗浄の方法

ここでおもむろに外に出て、シーフーの耳垂れが出ている左側の耳によもぎの塊をつまんで持っていき、「耳するよ~」と声をかけて、よもぎ汁を耳に絞り入れる。少しつまめばよもぎ汁がしたたるので、小さな耳はすぐよもぎ汁でいっぱいに。

耳の下のふくらんだところ(内耳)を軽くもむ。目を閉じて気持ちよさそう。

しばし耳の下をマッサージしたら、シーフーから離れる。すると、自分で頭を振ってよもぎ汁を飛ばしてくれる。だから、外でするのがおすすめ。家の中だと飛び散って困る。

スムーズで効果的な耳洗浄のためのコツ

大事なのは、シーフーが驚かないように、「耳によもぎの汁を入れるよ」と伝えてあげること。いつも耳掃除のときに「耳掃除ね」というと、自分からコロンと横になり、「耳掃除するよ~」いうと耳の中になんかされるな、と分かって安心してまかせてくれる。それも、毎回話しかけて伝えるから。いきなり驚かさないように、何かするときは同じ言葉で語りかけて伝える、というのが大事。

それから、よもぎの汁はすぐアクがでるので、すりつぶしたら置いておかずにすぐに耳洗浄に使うのも大事。

あとは、自然に耳が乾いていく。よもぎ汁の色が多少残っても、そのうち消えるから心配ない。

今日の午後によもぎの耳洗浄を試して、今は夜。まだ耳の奥に膿が見えているので、明日も続けてみたいと思う。今後の経過は、また追記。

後日談、すごい効果!

昨日、ヨモギの耳洗浄を一度して、今朝起きてみたらあきらかに耳垂れが減って改善している。気をよくして、今日のお昼前にもう一度同じ方法でよもぎ汁の耳洗浄をした。

やっぱり気持ちよさそう。

しかも、よもぎのさわやかな香りで耳垂れのにおいも消されている。

今は2回目の夜だけど、今日一日は耳垂れも出ず、今確認してみたら耳の中もさっぱりとしている。

明日も続けたら、もうすっかり完治するんじゃないかという気がする。また追記したい。

 

そして、10日後

完治するかと思ったけれど、毎日続けていないためか、まだ耳垂れはあるし、触った場所によっては「きゅん」というので、痛みもあるよう。

ここしばらくもまた、出かけることが多かったため、今日はまたよもぎ耳洗浄をして、数日まじめに様子を見ようと思う。

ただ、よもぎ耳洗浄をしているときも、した後もとっても気持ち良さそうなので、忙しさに身を預けず、毎日1~2回はやって再び様子を見たい。

 

Related Entry

フレンチブルドッグの服の選び方3つのポイント

フレンチブルドッグの急なアレルギー対策。人に預けてアレルギー...

犬のアレルギー性皮膚炎が薬を使わなくても良くなってきた食療法

アレルギーもちフレンチブルドッグのごはん皿の選び方

犬の耳の炎症(外耳炎)くさい耳だれ、耳の熱、かゆみと痛み、犬...