「考えすぎの罠」

今朝、てらきちさんと話していてあらためて目からウロコ落ちたー。昔の癖って、知らない間に繰り返すもんだな。

計画して、きちんと考えて、目的を明確にしてからやろう、っていう癖がまた出て、それにとらわれて進めなかった。

今までの私は、「やり方」で生きてきた。

これからの私は「在り方」を実現していくだけ。方法や世間や普通は、じゃなく在り方を今実現することに力をそそぐ。

行動の指針は、自分の在り方に沿っているか、それだけ。できるかどうか、やるべきかどうか、じゃない。忘れるなよ、私。

Related Entry

「いい人」はメリットがある人

目先のやりたいことから自分の真ん中をたどるプロセス

面倒なことこそが、生きるをつくる大事なことなのかもしれない

何もしていなくても、何者でもなくても、人生は私を生かしてくれ...

頼まれごとは試されごとっていうけれど、試されてるのは自分を一...

自分の弱さを口に出すことを恐れない