自己分析は「信じる」に近づくためのもの

自己分析っていうと、自分の好きなことや嫌いなことをリストにして、得意不得意を言葉にしていくことだと思われがち。

でも私がやってるのは、感じること。信じる、に近づくというか。

必要ならば、過去の経験の受け止め方を書き換えるとかそういうのもありだと思うし、実際やってはきたけれど、もっと本当に面白いのはグッと深いところで人生を信頼できるんだという体験だ。それがあれば、人生観がひっくり返る。

感じることができるようになるために、自分をほどいていく。開いていく。

さぁ、ココロヲヒラクカイ?

こちらもチェック!!

☆チャンネル登録うれしいです!
Youtube【小さな島での、古くて新しい火のある暮らし】保存食や旅のこと
https://www.youtube.com/c/masakanachannel

☆フォロー大歓迎!
Instagram【小さな島での日々の暮らしとキャンピングカーで旅withフレブル】
https://www.instagram.com/masakana_channel/

Related Entry

面倒なことこそが、生きるをつくる大事なことなのかもしれない

遊びは飽きる。だからめいっぱい遊ぶといい

日本に帰る気になった理由と、発想の転換「義務と楽しみを分ける...

反省とは忘れること

願望から在り方を探る 実践編

NO IMAGE

初夏の味覚をキャンピングカーで楽しむ、新鮮そら豆ごはんとエン...