季節のものを摘む料理

野草、なんて昔の私にとっては雑草だった。でも食べられると知って、美味しいと分かってみると、春の足元は季節感のないスーパーの野菜売り場よりもずっとずっと魅力的な場所になった。

知れば、見えるものが変わる。

手間のかかりすぎる野草を食べよう、という気にはならないけれど、芽が出始めたころの柔らかでアクの少ない野草は、美味しい。簡単で安心で栄養もたっぷりだから、食べない手はない。しかも、季節を味わう満足感まで加わる。

塩をひとつまみ入れて、ゆでる。さっと天ぷらにする。ごま油で炒める。

そんなシンプルな料理が、野草には一番似合う。

活字で読んでも写真で見ても、実際に作っている場の流れやタイミングを見たことがないと、やり方は分からないもの。やり方がイメージできないと、本を片手に作ってみよう、なんて気にはなれない。

なので、動画を作ってみることにしました。

暮らしの動画、といっても食べ物まわりのこと。シンプルな道具で、自然に返る道具で、火をつかって手を使って、簡単な料理を美味しい調味料で。

毎日の料理は、インスタ映えするためにあるもんじゃない。だけど、画として美しかったらいいなと思う。

おだやかにつながって満ちている、自分という生命への尊敬。

そんな在り方が形として残っていくと、うれしいな。

”MasaKana Channnel”

ぜひぜひ、チャンネル登録お願いします。

https://www.youtube.com/c/masakanachannel

こちらもチェック!!

☆チャンネル登録うれしいです!
Youtube【小さな島での、古くて新しい火のある暮らし】保存食や旅のこと
https://www.youtube.com/c/masakanachannel

☆フォロー大歓迎!
Instagram【小さな島での日々の暮らしとキャンピングカーで旅withフレブル】
https://www.instagram.com/masakana_channel/

Related Entry

「よいものを食べたい」からたどる本当の望みの導き方

「台湾の暮らし」から「ズルい悟り方」にブログタイトルを変更し...

「私は王である」

男を思い通りに育てる方法

豊かに暮らす、ということ

台湾の70年老木文旦の驚きのおいしさに人生を思う