旅に出るのも、家に帰るのもどちらも嬉しい暮らし

キャンピングカーを手に入れてから、旅に出るのが大好きになった。でも同じぐらい、家に戻るのが嬉しくもある。

キャンピングカーで移動していると、何日でも旅していられると思うのに、帰ろうと決めたらもう家に帰るのが嬉しくて仕方がない。

12日間の旅だった。のんびり東京に行き、てらきちさんの茶聞道と私の個人セッションを開催して、のんびりと戻ってきた。桜をたくさん見て、はじめてまじまじと富士山を見た。いろんな新しい出逢いがあって、美味しいものも美味しくないものも食べた。

家に戻った日は、さっそく骨付きの鶏モモにスパイスをたっぷりすりこんで、焼いて食べる。簡単だけど、キャンピングカーではなかなか作れない料理。

翌日は、春爛漫の陽気の中で掃除をし、洗濯をし、荷物を片付けて、草抜きをして、野草を摘んで、日向ぼっこをして、海岸に散歩に行った。

家が素敵すぎて、気持ちよすぎて、何もかもが輝いていて、でも久しぶりの家は少しよそよそしかった。ちょっと知らない顔をして、でもやっぱり馴染む私たちの家。海もきれいで、シーフーも幸せそうで。

朝、差し込む陽の位置が変わっていて、夏に向かっていることが分かる。シーフーのひながぼっこの位置も変わり、引っ越してきたばかりの去年のことが思い出される。

去年、分けてもらった山椒の木がしっかりと根付き、きれいな新芽をたくさん芽吹かせていた。枯れ木みたいに哀れだった木が、ふわふわした新芽で彩られている。

アジサイも、柿の木も新芽が芽吹き、桜はふっくらとつぼみをふくらませて、つつましやかに2輪だけの花を咲かせていた。家でお花見する楽しみを知って、私たちの帰りを待ってくれていたのかな、なんていう声も弾む。

あちこちで見つけてきた、暮らしの道具や調味料をしまいこむ。この機会に台所の模様替えをする。道具の場所は、まだまだ定位置を探りながらの試行錯誤中。あちらにおいたり、こちらに戻したり。そのうちしっくりくるところに収まってくれるかな。

さぁ、明日も暮らし周りを整えよう。春がきたから、心も体も動きたくてうずうずしてる。

こちらもチェック!!

☆プライベートで受付中!
【根っこが変わる、暮らしの対話】
http://biyakuzen.com/privatesession/

☆チャンネル登録うれしいです!
Youtube【火のある暮らしの動画】
https://www.youtube.com/c/masakanachannel

☆フォロー大歓迎!
Instagram【小さな島での日々の暮らしとキャンピングカーで旅withフレブル】
https://www.instagram.com/masakana_channel/

Related Entry

変え「なきゃいけない」ダメな私、なんてない。今ここにいる私が...

その時の心の動きはさておき、物事は振り返るとうまいことなって...

目先のやりたいことから自分の真ん中をたどるプロセス

何をするかより、なぜするか

頼まれごとは試されごとっていうけれど、試されてるのは自分を一...

「台湾の暮らし」から「ズルい悟り方」にブログタイトルを変更し...