自己分析は「信じる」に近づくためのもの

自己分析っていうと、自分の好きなことや嫌いなことをリストにして、得意不得意を言葉にしていくことだと思われがち。

でも私がやってるのは、感じること。信じる、に近づくというか。

必要ならば、過去の経験の受け止め方を書き換えるとかそういうのもありだと思うし、実際やってはきたけれど、もっと本当に面白いのはグッと深いところで人生を信頼できるんだという体験だ。それがあれば、人生観がひっくり返る。

感じることができるようになるために、自分をほどいていく。開いていく。

さぁ、ココロヲヒラクカイ?

こちらもチェック!!

☆チャンネル登録うれしいです!
Youtube【小さな島での、古くて新しい火のある暮らし】保存食や旅のこと
https://www.youtube.com/c/masakanachannel

☆フォロー大歓迎!
Instagram【小さな島での日々の暮らしとキャンピングカーで旅withフレブル】
https://www.instagram.com/masakana_channel/

Related Entry

嫌な顔のできる、やわらかな正直者になろう

頼まれごとは試されごとっていうけれど、試されてるのは自分を一...

むくみが取れたら細くなる

松の花粉を採取して、春の恵み豊かな一日

問題が起きたときに、その問題の根本を考えると、まったく違うも...

目先のやりたいことから自分の真ん中をたどるプロセス