外食の楽しみと、キャンピングカーご飯の楽しみ

家で作ったものが美味しいと思えるようになって、外食の魅力は、人との出逢いや食材や調味料との出合いとなった。

この調理方法面白いな、この組み合わせやってみよう、こんな風な食べ方があるのか!と思えると価値を感じる。こってりしてる、素材が豪華、なだけの料理はつまらない。知ったような味だとあとは材料の鮮度や土壌の豊かさの勝負だし、好みでいえば自分が作った料理のほうが口に合う。

人との出逢いも面白い。

お店の人、隣の席の人、たまたまの出逢いがその時間を豊かにしてくれたり、のちのちまでも繋がったり。なんて面白い遊びだろうと思う。でもそれだって、食の楽しみのおまけ。

舌と体が喜ぶような素敵な料理に出合えたら、間違いなく場も人も素敵。料理は作った人の場も空気もふくんで、大きく広がる作品なんだなぁと実感する。料理人だけが作るわけじゃなく、その場にいる人すべてが影響してくる。

食べるのはあっという間だけど、身体と心を豊かに満たしてくれるものだから、やっぱり食材はこだわりたい。良いものは、美味しい。それだけのことだけで、とても大事なこと。

どこで食べても同じ味、なんてつまらないし、食べに行くのがもったいないなと思う。

調味料のことを質問して幻滅することだってあるけれど、やっぱり問いかけて知りたい。マーガリンは身体に悪いんですか?なんてパン屋の人に冷たく聞き返されたとしても、私にとってはとても大切な情報だから知っておきたい。

キャンピングカーの面白さは、美味しいお店を探して気軽に食べに行けること。シーフーも一緒だから、道中も楽しいし安心。

そして、自炊が出来ること。道の駅やオーガニックショップで選んだ食材や地元のお酒を、景色がきれいなところで食べて、飲んで、そのまま眠れるところ。

いくつかの塗の器だけ持っていけば、気持ちよく食事が出来る。お皿は重くてかさばるけれど、塗のお椀や小皿なら軽くて場所もとらない。

今日は富士山を目の前に見ながら、美味しいツマミをたくさん用意して、家から持ってきたお漬物もよく漬かり、瓶に詰めた醤はちょっとした箸休めに。ホッとする味と、楽しみな味を混ぜ合わせた晩御飯に、富士山ウィスキーがすすみます。

明日は、どこで何を食べるかな?

こちらもチェック!!

☆チャンネル登録うれしいです!
Youtube【小さな島での、古くて新しい火のある暮らし】保存食や旅のこと
https://www.youtube.com/c/masakanachannel

☆フォロー大歓迎!
Instagram【小さな島での日々の暮らしとキャンピングカーで旅withフレブル】
https://www.instagram.com/masakana_channel/

Related Entry

自信をつける旅

「よいものを食べたい」からたどる本当の望みの導き方

「私は王である」

今年もありがとうございました。

NO IMAGE

初夏の味覚をキャンピングカーで楽しむ、新鮮そら豆ごはんとエン...

考えすぎの罠